【決算】千葉ロッテマリーンズ、2019年度は7億5536万円の純利益(黒字)を計上


パシフィック・リーグの野球球団「株式会社千葉ロッテマリーンズ」が、2019年度の決算を発表しました。

それによりますと、今期の純利益(黒字)額は7億5536万円、利益剰余金(これまで貯めている預金や不動産などの資産)は11億7303万円でした。

 

年度比較

決算年度 純利益 利益剰余金 総資産
2018年12月期 3億85163万円 4億1767万円 663億7700万円
2019年12月期 7億5536万円 11億7303万円 610億1900万円

※万円以下は切り捨て
※▲はマイナスを表す

千葉ロッテマリーンズは親会社にロッテを持つ球団で、昨年は2つ順位を上げた4位となりました。

 

昨年度

【決算】千葉ロッテマリーンズ、2018年度は3億8513万円の純利益(黒字)を計上