「DJ 鉄道ダイヤ情報」の交通新聞社、1.2億円の黒字を計上(2020年度)


鉄道ファン御用達の雑誌「DJ 鉄道ダイヤ情報」や「JR時刻表」などを刊行する株式会社交通新聞社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は1億2900万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は43億1500万円でした。

 

昨年度との比較

出典:Amazon

当期純利益 利益剰余金
2017年度 1億1200万円 39億5900万円
2018年度 1億1800万円 40億9600万円
2019年度 1億2800万円 42億1800万円
2020年度 1億2900万円 43億1500万円

前年度との比較。

コロナなどどこ吹く風、直近4年間を見ても非常に安定した数字です。

 

交通新聞社の主要株主にはJR7社が名を連ねると共に、鉄道無線を扱っていた日本テレコムからの流れでソフトバンクも入っています。

交通新聞社は弘済出版社と合併した経緯を持ち、旧国鉄の弘済会からの流れが現在に続いています。

 

関連リンク

【決算】「DJ 鉄道ダイヤ情報」の交通新聞社、2019年度は1億2800万円の純利益(黒字)を計上