【2021年2月】上場私鉄22社、業績ランキング


上場している私鉄20社と大阪メトロ・東京メトロの2社を加えた22社で、現時点での売上高ランキングを作りました。

コロナウイルスによる混乱の中で、業界トップが入れ替わる事態となっています。

 

 

売上高ランキング

売上高ランキングにすると以下の通り。基本的には規模が大きい会社ほど売上高は伸びるので、路線長やグループ会社を多数抱えるような企業などが上位に来ます。

すなわち、この数字が大きい会社は規模が大きい鉄道会社ということになります。

グループ全体と運輸事業(鉄道・バス)だけの売上のデータです。

社名 売上高 (内 運輸事業売上高)
1位:東急 685855 72863
2位:近鉄GHD 483352 110165
3位:阪急阪神HD 394037 116097
4位:東武鉄道 362224 88053
5位:名古屋鉄道 357116 79014
6位:小田急電鉄 273302 87466
7位:西武HD 252446 92041
8位:西日本鉄道 242634 43711
9位:京王電鉄 230551 66000
10位:東京地下鉄 221530 191845
11位:京阪HD 182908 49003
12位:京浜急行 169087 59341
13位:相鉄HD 168018 22832
14位:京成電鉄 155342 78411
15位:南海電鉄 140841 48804
16位:大阪市高速電気軌道 100000 91900
17位:山陽電鉄 30380 11464
18位:富士急行 23183 6140
19位:広島電鉄 19417 11230
20位:神戸電鉄 15312 8132
21位:新京成電鉄 13075 9178
22位:京福電鉄 7794 3831

※…単位は百万円

 

トップ3はこの順番でした。

これまでは近鉄がもっとも大きい鉄道会社でしたが、2020年は大きく減退東急が入れ替わって1位となっています。

とはいえ、これはまだ第三四半期という途中経過。5月頃に発表される2020年度フルの本決算では、果たしてどのようになっているでしょうか…。

 

関連リンク

【経済鉄・鉄道IR】私鉄各社の2018年2Q(中間)決算・時価総額をまとめました

 

 

参考

売上高・利益(営業利益)については各社IRデータ(第3四半期決算短信より)