「GSパーク」の銀泉、32億円の黒字を計上(2020年度)


コインパーキングの「GSパーク」を運営する銀泉株式会社が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は254億4300万円、純利益(黒字)額は32億2600万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は507億2900万円でした。

 

昨年度との比較

売上高 当期純利益 利益剰余金
2019年度 256億7500万円 65億2000万円 473億9500万円
2020年度 254億4300万円 32億2600万円 507億2900万円

前年度との比較。

売上高は前年度並みでしたが、当期純利益は約30億円マイナスの32億円とかなりの減益となりました。

 

 

「銀泉」…?

「銀泉」とだけ聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、GSパークと聞くと「ああ!」となる方も多いのではないでしょうか。そう、あの青い駐車場の運営元会社です。

駐車場業界では「タイムズ」のパーク24や、三井不動産の「三井のリパーク」に次ぐ規模です。

【2020年度売上高ランキング】

①パーク24(タイムズ)…2689億円
②銀泉(GSパーク)…254億円
③日本駐車場開発…229億円
④パラカ…124億円

(三井のリパークは、2019年度のデータによると835億円)

 

ちなみに主要株主には三井住友銀行や三井住友カードが名を連ねており、「三井のリパーク」「銀泉」共に親類会社といった立ち位置でしょうか。

この他、不動産事業(オフィスビルや賃貸マンション)も展開しています。