【悲報】阪急バス、27億円の赤字を計上(2020年度)


北摂地域をメインに運行し、阪急阪神ホールディングスの傘下にある阪急バス株式会社は、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)決算を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は27億4174万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2019年度 ▲5億734万円 130億3089万円
2020年度 ▲27億4174万円 101億7651万円

27億の純損がまるまる響いたことで、前年度よりも大幅に利益剰余金が減少しています。

今のところ、バス会社で最もダメージが大きくなっています。兄弟会社の阪神バスと随分差がついた印象です。どうした…?

 

関連記事

【赤字転換】阪神バス、2020年度は8.6億円の純損失を計上

【決算】阪急バス、2018年度は5億円の黒字を計上

 

参考文献

阪急バス「2020年度決算公告