北総鉄道、12.6億円の黒字を計上(2020年度)


京成電鉄や東京都営地下鉄と相互直通運転を行い、京成電鉄と千葉県を株主に持つ第三セクター企業である北総鉄道株式会社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は134億4700万円、純利益(黒字)額は12億6100万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲31億5200万円でした。

 

負担が重い…

今期時点ではまだ赤字が残る北総鉄道ですが、実は2000年度から21年連続で黒字決算を弾き出すなど、経営は好転しています。

ただ建設時の借入金などが非常に重く、固定負債が2020年度時点で643億円もあり、それを解消すべく高額な運賃設定になるなど沿線住民の方にとっては大きな負担となっています。

 

 

ちなみに

先日「泉北高速鉄道」の欄でご紹介した2020年度における鉄道事業者収益ランキングに、今回の北総鉄道を入れるとランキング2位となります。

企業名 純利益額
1位 泉北高速鉄道(未上場) 24億8000万円
2位 北総鉄道(非上場) 12億6100万円
3位 山陽電気鉄道(上場) 4億2200万円
4位 神戸高速鉄道(未上場) 3億4000万円
5位 神戸電鉄(上場) 1億8700万円

 

 

 

前年度リンク

【決算】北総鉄道、2017年度は13億5500万円の純利益(黒字)を計上