ホテル京阪、89億円の赤字を計上(2020年度)


京阪ホールディングスの連結子会社である株式会社ホテル京阪が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は34億4155万円、純損失(赤字)額は89億4643万円利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲39億9199万円でした。

 

年度比較

決算年度 純利益 利益剰余金
2017年 21億9250万円 54億0241万円
2019年 53億1722万円 55億8958円
2020年 ▲89億4643万円 ▲39億9199円

※▲はマイナスを表す

2017年には21億円、2019年には53億円の純利益を計上するなどインバウンド観光客増もあり春を謳歌していましたが、コロナウィルスの影響で一転、89億円の赤字となりました。

 

概要

ホテル京阪は京阪沿線の他、東京都や鳥取県、北海道札幌市でもホテル業を経営している企業です。

ユニバーサルスタジオジャパンにある大きなホテルはこのホテル京阪(ユニバーサル・タワー)でしたが、2021年5月に売却して手放すなど、バランスシートの縮小に動いています。

 

 

関連リンク

【決算】ホテル京阪、2019年度は53億1722万円の純利益(黒字)を計上

【決算】ホテル京阪、2017年度は21億9250万円の純利益(黒字)を計上