【決算】京浜急行系スーパーの京急ストア、2017年度は500万円の純損失を計上


「京急ストア」「もとまちユニオン」などを展開する、京浜急行が100%出資の株式会社京急ストアが2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は547億6700万円、純損失(赤字)額は500万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は107億1700万円でした。

 

また、今期より5.07億円あった資本金を減資して、1億円にすることも公示しています。