北近畿タンゴ鉄道、2840万円の黒字を計上(2020年度)


兵庫県・京都府の丹後地方をメインに走る、北近畿タンゴ鉄道株式会社が2020年度(経済用語では2019年3月期といいます)の公式サイト上で発表しました。

それによると今期の純利益(黒字)額は2840万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は2億805万円となりました。

 

概要・比較

当期純利益 利益剰余金
2018年度 2億3426万円 ▲2億6134万円
2019年度 4億4100万円 1億7965万円
2020年度 2840万円
(内補助金:21億6600万円)
2億805万円

過去3年との比較。

沿線自治体からの20億円近い補助金(特別利益)やWILLER TRAINSからの施設使用料・車両使用料の収入もあり、2019年から利益剰余金がプラスに転換。帳簿上は黒字を確保しています。

 

北近畿タンゴ鉄道は、宮津・天橋立地域を走る第三セクター鉄道です。

北近畿タンゴ鉄道は線路施設を保有し、運行は高速バス「ウィラー」系列のWILLER TRAINS(丹鉄)に移譲しています。

経営状態はあまり良くなく、同社の看板特急であるKTR001形が朽ちた状態で長らく放置されているなど痛ましい状態が続いています。

 

 

関連リンク

https://rail-card.com/tantetsu/