【決算】京都バス、2020年度は2663万円の純損失(赤字)を計上


京福電鉄を親会社に持つ京都バス株式会社が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は2663万円利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は16億4790万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2018年度 2億4941万円 14億6882万円
2019年度 2億3691万円 16億9014万円
2020年度 ▲2663万円 16億4790万円

前年度との比較。

今年度はインバウンド需要が急速に減退したことから赤字決算となっていますが、他バス会社と比較すると傷口はやや浅く見えます。安定した輸送需要があるのでしょうか…?

 

京都バス」という名前から一見独立系に見えますが、京福電鉄を親会社に持つ京都のバス会社です。

京都市繁華街内に乗り入れるバスとしては京都市交通局に次いでよく見るバスなので、車体カラーを見てご存知の方も多いのではないでしょうか

親会社の京福電鉄自体が京阪電鉄・京阪ホールディングスの傘下にあることから、京都バスについても京阪グループの一員となっています。

 

 

昨年度の記事

【決算】京都バス、2019年度は2億3691万円の純利益(黒字)を計上