【決算】名鉄バス、2018年度は18億2300万円の純利益(黒字)を計上


名古屋鉄道を親会社に持つ名鉄バス株式会社が、2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は18億2300万円、利益剰余金(これまで貯めてきたお金・資産などのこと)は63億8900万円でした。

 

当期純利益 利益剰余金
2017年度 11億3200万円 51億3200万円
2018年度 18億2300万円 63億8900万円

前年度との比較。約7億円の純利益増伸となりました。

名鉄バスは昔から愛知県・岐阜県エリアではなじみ深いバスで、名鉄と同様に赤く塗られたカラーリングが印象的です。

名称としては古くからありますが、法人としては2004年に名古屋鉄道から分離する形で設立されました。

東海地方は車社会だからなのかバスの規模も大きいようで、昨年度の実績では関西圏の阪急バス・京阪バスよりも更に黒字額が大きいバス会社となっています。

 

 

昨年度の記事

【決算】名鉄バス、2017年度は11億3200万円の純利益(黒字)を計上