【決算】京阪中之島線を保有する中之島高速鉄道、2017年度は1.7億円の純損失を計上


京阪中之島線を建設・保有している、京阪電鉄と大阪市が株主の中之島高速鉄道株式会社が2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は1億7669万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は-20億5557万円でした。

 

前回ご紹介した西大阪高速鉄道と同じケースで、現在20億円近くある債務はトンネル・橋梁などの減価償却費と見られます。

一方、阪神なんば線と違って京阪中之島線の運営は、当初の予定であった7万2000人を下回る2万7000人と大きく低迷しています。

開業当初運用についていた3000系・快速急行共々撤退するなど不調なようですが、これについては延伸前提の路線計画である程度は見越しているのでしょうか…

 

この区間の総事業費は1300億円。営業収益は列車を運行させる京阪電鉄から受け取る形をとっています