【決算】「RM MODELS」などを出版するネコ・パブリッシング、2018年度は1938万円の純損失(赤字)を計上


鉄道模型ファン御用達の雑誌「RM MODELS」や「Rail Magazine」などを刊行する株式会社ネコ・パブリッシングが2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は1938万円利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は▲7億1824万円でした。

昨年度との比較

出典:Amazon

当期純利益 利益剰余金
2017年度 ▲5億6170万円 ▲6億9885万円
2018年度 ▲1938万円 ▲7億1824万円

5億もの損失を出していた前年度と比較するとかなり改善傾向です。

ネコ・パブリッシングは2012年にツタヤの運営母体であるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)によって買収、グループ傘下入りしています。

2018年には本社を品川駅近隣のビルである目黒セントラルスクエアへと移転しています。

 

前年度記事

【決算】「RM MODELS」などを出版するネコ・パブリッシング、2017年度は5億6170万円の純損失(赤字)を計上