【決算】伊丹/関空へのリムジンバスを運行する大阪空港交通、2019年度は4.2億円の純利益(黒字)を計上


伊丹空港・関西空港へのリムジンバスを運行する大阪空港交通株式会社が2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は4億2733万円、利益剰余金(これまで貯めている預金や不動産資産等の合計)は70億5221万円でした。

 

4Qが苦しい…か

当期純利益 利益剰余金
2017年度 7億4971万円 60億5293万円
2018年度 6億1514万円 66億5847万円
2019年度 4億2733万円 70億5221万円

過去3年との比較。これまで6-7億ベースで純利益が積み上がっていましたが、やはりコロナの影響で4Q(2020年1月-3月の間)の業績が落ちたのか、今年は4億円止まりとなりました。

今年は更に影響が拡大する可能性があり、かなり落ち込むことが予想されます。

大阪空港交通は阪急バスが85%の株式を保有する、阪急バスの子会社にあたります。残りの15%は日本航空(JAL)が保有しています。

 

関連リンク

【決算】伊丹/関空へのリムジンバスを運行する大阪空港交通、2018年度は6.1億円の純利益(黒字)を計上

【決算】伊丹/関空へのリムジンバスを運行する大阪空港交通、2017年度は7.4億円の純利益を計上