【決算】大阪モノレール、2019年度は16億6500万円の純利益(黒字)を計上


大阪モノレールを運行している大阪モノレール株式会社が2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると今期の売上高は112億3500万円、純利益(黒字)額は16億6500万円、利益剰余金(これまで貯めている預金や不動産資産等の合計)は94億5300万円でした。

 

年度比較

決算年度 純利益 利益剰余金
2017年 23億4900万円 57億0900万円
2019年 16億6500円 94億5300円

※▲はマイナスを表す

 

大阪府の第三セクター

大阪モノレールは阪急電鉄系と思われがちですが、大阪府が65.1%の株式を保有する第三セクター会社です。

接続駅が多い阪急、門真市で接続する京阪HD、大阪モノレール構想を立ち上げた近鉄GHDがそれぞれ2.7%株式を保有しているため、対等な立ち位置となっています。