【決算】泉北高速鉄道、2017年度は31億5500万円の純利益(黒字)を計上

準大手私鉄に分類され、和泉中央からなかもずまでを結ぶ泉北高速鉄道株式会社が、2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は31億5500万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は420億5900万円でした。

 

直近3年間の振り返り

泉北高速鉄道の直近3年の決算は次の通り。

第52期:純利益 30億300万円/ 利益剰余金 389億400万円
第51期:純利益  27億4600万円/ 利益剰余金 359億円
第50期:純利益  27億4600万円/ 利益剰余金 328億4900万円

※データは官報各号より

 

毎年30億円近い利益を上げており、特に泉北ライナーがデビューした第52期からは3億円近くの増収となっています。

もちろん全てが泉北ライナーの効果とは限りませんが、なかなか堅調な数字です。

京阪電鉄(注:ホールディングスではなく電鉄事業を管轄する部門)の純利益が45億円ですので、それに匹敵する数字となっています。

 

泉北沿線は優良顧客が多数

泉ヶ丘・和泉中央を始めとする堺市南区・和泉市の沿線所得はなかなか高く、潜在的に優良顧客を多数抱える地盤があり、泉北ライナーはそこを狙ってうまく作用した列車だといえます。

南海12000系をベースにした車両を導入することで、一から設計するよりも導入コストを下げているのも収益向上へ有利に働いていますね。