【決算】鉄道模型のトミーテック、2019年度は1億7191万円の純利益(黒字)を計上


関水金属(KATO)と人気を二分する、タカラトミーの完全子会社で鉄道模型メーカーの株式会社トミーテックが2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は1億7191万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は27億2968万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 1億9707万円 23億1018万円
2018年度 2億4758万円 25億5776万円
2019年度 1億7191万円 27億2968万円

前年度との比較。約7000万円の減益となりました。

鉄道模型メーカーはトミーテックの他、関水金属(KATO)、グリーンマックス、マイクロエースの4社がシェアを持ち、それぞれしのぎを削っています。

 

トミーテックは既存のNゲージ・HOゲージ(TOMIX)の他、鉄道コレクション・ジオコレなどの鉄道模型の間口を広げるような商品や鉄道むすめ・バス娘のようなキャラクターグッズも展開しています。

鉄道むすめは、各社のイメージキャラとしても徐々に採用が進んでおり、大阪モノレールや富山ライトレールなどでその例が見られます。

 

 

関連リンク

【決算】鉄道模型のトミーテック、2018年度は2億4758万円の純利益(黒字)を計上