「トウキョウリンカイコウソクテツドウリンカイライン」の東京臨海高速鉄道、39億円の赤字を計上(2020年度)


トウキョウリンカイコウソクテツドウリンカイライン」でおなじみの東京臨海高速鉄道株式会社が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は116億9400万円、純損失(赤字)額は39億9200万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲369億7900万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2019年度 32億5800万円 ▲329億8700万円
2020年度 ▲39億9200万円 ▲369億7900万円

コロナウィルスの影響でコミックマーケットなどのイベントなどが出来ず、前年度の利益がまるまる吹っ飛んだ格好です。

 

JR線内でその独特の放送が聞ける東京臨海高速鉄道は、お台場方面への路線を保有する第三セクターです。

JR線と相互直通運転を行い、大崎から東京ビッグサイト(国際展示場)を抜け、新木場へと到達する路線を保有しています。

尚、同社は現在運行している70-000形車両の更新時期に差し掛かっており、2024年度から新車を投入する計画があります。今後しばらくは費用計上額が積み増されるものとみられます。

 

関連リンク

【りんかい線】2024年より新型車両を投入へ