【決算】「FGO」のアニプレックス、2018年度は298億5000万円の純利益(黒字)を計上


スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」(FGO)をリリースしている株式会社アニプレックスが、が2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)決算が発表しました。

それによると、今期の売上高は1950億1900万円、純利益(黒字)額は298億5000万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は681億円と驚異的な数字を記録しています。

 

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 345億6100万円 555億3100万円
2018年度 298億5000万円 681億円

前年度との比較。約47億円の減益となりました。

 

アニプレックスはソニー・ミュージックエンターテイメントが100%株式を保有する企業であり、元々はアニメの企画制作やアニメ関連の音楽・映像作品を手がける企業です。

2015年からFate/Grand Orderの配信を開始し、これが大ヒットを記録。

2015年度の営業利益は91%増加の73億円、2017年度の今年も前年比2倍超の345億円と3年連続で増益。今年は一転減益となったものの、それでもなかなか好調な数字を見せています。

2019年度においては「青春ブタ野郎」シリーズが新たに人気を博し始めているそうで、同作品の映画においては興行収入2億4000万円を計上しています。

 

 

関連リンク

【決算】「FGO」のアニプレックス、2017年度は345億6100万円の純利益(黒字)を計上