【決算】筑豊電気鉄道、2017年度は5136万円の純損失(赤字)を計上


西日本鉄道の子会社で、黒崎駅前~筑豊直方を結ぶ筑豊電鉄鉄道株式会社が2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は5136万円利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は12億6424万円でした。

 

出典:http://www.chikutetsu.co.jp/data/topics/190_2018anzenhoukokusho.pdf

2015年より低床LRV車両「5000形」の投入を進め、2017年度で当初予定の4編成全てが出揃っています。

こうした設備投資の背景もあるのか今期は赤字決算でしたが、12億円もの潤沢な利益剰余金を持つことから、しばらくは経営的にも安泰であると思われます。