【決算】舞浜リゾートライン、2017年度は13億5500万円の純利益(黒字)を計上


ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド傘下の株式会社舞浜リゾートラインが2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は13億5500万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は55億5100万円でした。

撮影:めざくら様

舞浜リゾートラインは、舞浜駅とディズニーリゾートの主要拠点を結ぶモノレールです。10形車両が5編成在籍しています。

同線は2001年に開設されて以来、長年債務超過に陥っていました。有価証券報告書を見ると、2007年3月時点で53億9800万円まで膨れ上がっていました。

2006年3月 58億4700万円
2007年3月 53億9800万円
2008年3月 37億1600万円
2009年3月 21億8000万円

出典:オリエンタルランド有価証券報告書各年より

2007年に運賃を値上げしてからは徐々に財務体質が好転。親会社の支援も受けてなのか、2009年には20億円近くの債務を圧縮することに成功しています。

今期の官報内で利益剰余金を計上していることからも、おそらく2010年~12年頃には債務超過を一層したものと見られます。

 

売上高推移

2007.3 27億8400万円
2008.3 30億2500万円
2009.3 34億5700万円
2010.3 34億7400万円

2013.3 38億2900万円
2014.3 42億6200万円
2015.3 41億4700万円
2016.3 43億5100万円
2017.3 44億8100万円
2018.3 45億1300万円

出典:『FACTBOOK2018』オリエンタルランド