【赤字転換】阪神バス、2020年度は8.6億円の純損失を計上


神戸・西宮・尼崎などをメインエリアとする阪神バス株式会社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算公告を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は8億6401万円利益剰余金(これまで貯めている預金など)は23億8546万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2019年度 4億2286万円 34億1862万円
2020年度 ▲8億6401万円 23億8546万円

前年度との比較。約12億円の純利益マイナスで赤字転落となりました。

ここ5年程は優秀な数字を残していた阪神バスも、流石に厳しい数字で着地です。

 

阪神バスは長らく阪神電鉄が直営で行ってきたバス事業でしたが、2009年に分社化・独立して現在に至ります。

現在でも阪神電鉄が100%の株式を保有しており、同社の子会社扱いとなっています。

2016年からは元尼崎市交通局だった路線を受け継ぎ、その規模は大きくなっています。

 

関連リンク

【決算】阪神バス、2018年度は5.1億円の純利益を確保