【決算】北総鉄道、2017年度は13億5500万円の純利益(黒字)を計上


京成電鉄や東京都営地下鉄と相互直通運転を行い、京成電鉄と千葉県を株主に持つ第三セクター企業である北総鉄道株式会社が2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は175億2300万円、純利益(黒字)額は24億4900万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲96億8500万円(マイナス)でした。

今期時点ではまだ赤字が残る北総鉄道。

赤字の主な理由は建設費と思われますが、それをカバーする運賃の高さは「訴訟になる」と東洋経済の記事になるほどです

残債務は今期の純利益ベースで考えると残り5年程度。これが超えてしばらく安定できれば、運賃が下がる可能性もある…?のかもしれませんね