北九州モノレール、過去最大の赤字105億円を計上(2020年度)


北九州市内をモノレールで結んでいる北九州高速鉄道株式会社が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると、今期の純損失(赤字)額は105億2459万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲73億9141万円でした。

 

概要・比較

当期純利益 利益剰余金
2018年度 6111万円 4億1088万円
2019年度 ▲1960万円 3億9127万円
2020年度 ▲105億2459万円
(内補助金:1億4190万円)
▲73億9141万円

過去3年との比較。

赤字が2期連続で続いた為、2020年度は保有する車両等の減損処理を行う必要があることから、特別損失において115億円を計上することになりました。このことが、利益剰余金の大幅なマイナス増加に繋がっています。

資本金が1億円となったことで、北九州高速鉄道は今後中小企業扱いとなります。

モノレール事業だけで見ると、損失額は3億9959万円となっています。

 

株主は全て自治体

北九州高速鉄道は、北九州市が100%を出資する会社です。

当初は市営も検討されたものの、モノレール敷設における補助金を受けるために北九州市52%・民間企業48%(西鉄や九州電力など)の出資配分で開業した経緯があります。

2005年からは北九州市が100%株式を保有する子会社体制に切替え、現在に至っています。

 

 

関連リンク

【決算】JR博多シティ、2017年度は13億6700万円の純利益(黒字)を計上

とさでん交通、7.8億円の大幅な赤字を計上(2020年度)