神戸高速鉄道、3.4億円の黒字を計上(2020年度)


元町・花隈~高速神戸~西代の東西線と、新開地~湊川までの南北線、および北神急行の施設部分を運営している、神戸高速鉄道株式会社が202019年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は3億4700万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は9億6800万円でした。

 

前年度比較

当期純利益 利益剰余金
2018年度 1億6300万円 3億5400万円
2019年度 2億6500万円 6億2000万円
2020年度 3億4700万円 9億6800万円

前年度との比較。コロナ禍にも関わらず、前年度から続伸となりました。

鉄道車両は保有していないものの、泉北高速鉄道や北大阪急行と同じく準大手私鉄に分類されます。

 

2017年度から黒字転換した神戸高速鉄道ですが、北神急行の隧道や設備を平成14年度から20年間にわたって保有する予定でした。

しかし、神戸市営地下鉄への一体化の折に施設を神戸市交通局へ譲渡しています。

 

2017年4月には「メトロこうべ」を運営する神戸高速興業株式会社を合併し、同施設の管理も行うようになりました

ちなみに新開地駅にある「高速そば」は神戸高速興業が運営し始めたことから、このような名前がついています。先述の通り現在は吸収合併され、神戸高速鉄道の運営となっています。

 

 

前年度記事

【決算】神戸高速鉄道、2019年度は2.6億円の純利益(黒字)を計上