アンスリーを運営する京阪ザ・ストア、6048万円の黒字を計上(2020年度)


京阪ホールディングスの傘下にあり、駅コンビニ「アンスリー」などを運営する株式会社京阪ザ・ストアが、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は6048万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は33億2572万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2019年度 2億8541万円 34億1588万円
2020年度 6048万円 33億2572万円

前年度との比較。当期純利益は約2億円のマイナスとかなり減益となりました。

 

京阪ザ・ストアは京阪ホールディングスのうち、主に流通部門を担当する子会社です。

先に述べたアンスリーの他にも、週替りで様々なスイーツ店舗を招致するスイーツボックスや、スーパー「フレスト」、また大阪メトロ内では「新なにわ大食堂」も運営しています。

 

 

前年度記事

【決算】アンスリーなどを運営する京阪ザ・ストア、2018年度は4億1614万円の純利益(黒字)を計上