丸善ジュンク堂書店、9000万円の黒字転換!(2021年度決算)


大手書店チェーンである「丸善」「ジュンク堂」などを運営している「株式会社丸善ジュンク堂書店」は、2021年度の決算を発表しました。

それによりますと、今期の売上高は699億6600万円、純利益(黒字)額は9000万円でした。

 

黒転へ

売上高 当期純利益 利益剰余金
2018年度 743億9000万円 ▲1億1200万円 ▲50億4600万円
2019年度 671億9100万円 ▲2億8900万円 ▲3億700万円
2020年度 699億6600万円 9000万円 ▲2億1600万円

※万円以下は切り捨て、▲はマイナスを表す

損益計算書によると、営業利益が2億7900万円と大幅に増伸した他、特別損失が減少しました。

親会社である丸善CHIホールディングスの資料によると、前年度よりも時短営業を強いられた日が限定的であったことや、セルフレジ導入などの業務効率化による経費削減効果などが効いている…との記述があります。

11月には大阪・松原のセブンパーク天美に260坪の店舗と他4店舗をオープンしていますが、3店舗を閉鎖したことで増減は+2店舗となっています。

 

関連リンク

丸善ジュンク堂書店、1.9億円の赤字計上(2020年度決算)

 

参考文献

丸善CHIホールディングス株式会社「2022年1月期 決算発表ご説明資料」