新潟トランシス、8.6億円の黒字を計上(2020年度)


中型・小型の鉄道車両製造を得意とする新潟トランシス株式会社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は248億4400万円、純利益(黒字)額は8億6700万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は13億6200万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 ▲10億8000万円 14億2800万円
2018年度 ▲9億9100万円 3億8600万円
2019年度 3億5100万円 6億8800万円
2020年度 8億6700万円 13億6200万円

前年度との比較。2年連続の黒字決算となっています。

 

新潟トランシスは新潟鐵工所を前身とする企業で、債務超過に陥った同社を石川島播磨重工業(現在のIHI)がスポンサーとなり復活した企業です。

現在では同社の完全子会社となっています。

大阪の新交通システム「ニュートラム」はこの新潟トランシス製が多数を占め、新型車両である200系は全てが新潟トランシスからトレーラーで運ばれてきます。

また、昨今路面電車事業者にはLRT化のトレンドがありますが、新潟トランシスは富山市(富山ライトレール・富山地方鉄道)や熊本市、岡山市などへブレーメン形と呼ばれる近代的で低床型の車両をライセンス生産・供給しています。

2020年度には栃木の新しいライトレールである「宇都宮ライトレール」用車両を受注しており、今後17編成を導入する見込みとなっています。

 

 

関連リンク

HU300形「ライトライン」編成表・形式紹介(宇都宮ライトレール)

【決算】新潟トランシス、2019年度は黒字転換!3億5100万円の純利益(黒字)を計上