【決算】近江鉄道、2018年度は2億9671万円の純利益(黒字)を計上


西武鉄道を親会社に持つ近江鉄道株式会社が、2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は2億9671万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は48億4482万円でした。

 

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 4億368万円 45億4810万円
2018年度 2億9671万円 48億4482万円

前年度との比較。約1億円の減益となりました。

 

近江鉄道が2018年に出した資料によると、鉄道事業単体では補助金込みでも3.5億円(2017年度)の赤字とされていますが、不動産事業などが黒字化の理由のようです

 

意外にも西武鉄道の子会社となっている近江鉄道ですが、その歴史は古く昭和18年に宇治川電気がその事業を譲渡したときから始まっています。2016年に完全子会社化されました。

2018年には近江鉄道ミュージアムが閉館、2019年には看板列車であった700形あかね号が引退するなど、趣味的に見るとあまり喜ばしくない状態になりつつあります。

それにしても「186期決算公告」ってすごい歴史ですね…