【決算】嵐山のトロッコ列車を運営する嵯峨野観光鉄道、2019年度は4472万円の純利益を計上


嵐山のトロッコ列車を運営する嵯峨野観光鉄道株式会社が2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は4472万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は9億3453万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 4301万円 8億6056万円
2018年度 2924万円 8億8980万円
2019年度 4472万円 9億3453万円

前年度との比較。約1500万円の純利益増加となりました。

嵯峨野観光鉄道は、JR西日本が100%株式を保有する子会社です。

国鉄→JR西日本がかつて保有していた風光明媚な旧嵯峨野線の区間を有効活用した路線で、DE10型のディーゼル機関車(1104・1156号車)が何両かのトロッコ客車(SK形)を牽引して走る観光型鉄道です。

今年度まではインバウンド観光客の恩恵を受け、列車は常に満員…という状態でしたが、コロナウイルスの影響が大きくなった2020年度は果たしてどうなるでしょうか…。

 

 

前年度

【決算】嵐山のトロッコ列車を運営する嵯峨野観光鉄道、2018年度は2922万円の純利益を計上