とさでん交通、3期連続の赤字を計上(2021年度)


高知市内で路面電車事業などを経営するとさでん交通株式会社が、2021年度の決算を公式サイト上で発表しました。

それによると、今期の売上高は3億203万円、純損失(赤字)額は3950万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲5億295万円となりました。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2020年度 ▲7億8917万円 ▲4億6345万円
2021年度 ▲3950万円 ▲5億295万円

過去最悪だった昨年と比べると赤字額は大幅に縮小しましたが、3年連続の赤字となっています。

現在の収益の柱となっているのは高速バス事業です(後述)が、緊急事態宣言発令で県外との往来に自粛要請がかかり運航便が減ったことで、最もダメージを受けた部門となってしまいました。

 

解説

とさでん交通は、土佐電気鉄道(路面電車)・高知県交通(バス)・土佐電ドリームサービス(バス)の3社が経営統合して誕生した会社です。

内訳を見ると、軌道事業(路面電車)が▲2億円、バス事業が▲11億円、航空関連事業が▲5976万円の赤字となり、昨年度よりはやや上向いたものの俄然厳しい状況です。

 

関連リンク

とさでん交通、7.8億円の大幅な赤字を計上(2020年度)

【決算】とさでん交通、2017年度は8620万円の純利益(黒字)を計上

 

 

参考文献

NHK高知「とさでん交通 3年連続で赤字 新型コロナが影響

とさでん交通「事業報告」