「トウキョウリンカイコウソクテツドウリンカイライン」の東京臨海高速鉄道、20億円の赤字を計上(2021年度)


トウキョウリンカイコウソクテツドウリンカイラインでおなじみの東京臨海高速鉄道株式会社が、2021年度(経済用語では2022年3月期といいます)の決算を公式サイト上で発表しました。

それによると、今期の売上高は130億9200万円、純損失(赤字)額は20億1100万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は▲390億7700万円となりました。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2020年度 ▲39億9200万円 ▲369億7900万円
2021年度 ▲20億1100万円 ▲390億7700万円

昨年と同じく、コロナウィルスの影響で東京ビッグサイトへのイベント輸送量が減り、なかなか黒字回復まではなっていません。

ただ、前年度よりはいくばくか赤字額が縮小してはいます。

 

解説

JR線内でその独特の放送が聞ける東京臨海高速鉄道は、お台場方面への路線を保有する第三セクター鉄道です。

JR線と相互直通運転を行い、大崎から東京ビッグサイト(国際展示場)を抜けて新木場へ到達する路線を保有しています。

尚、同社は現在運行している70-000形車両の更新時期に差し掛かっており、2024年度から新車を投入する計画があります。

 

関連リンク

「トウキョウリンカイコウソクテツドウリンカイライン」の東京臨海高速鉄道、39億円の赤字を計上(2020年度)

【りんかい線】2024年より新型車両を投入へ

 

参考文献

東京臨海高速鉄道「令和3年度決算の概要