丸善ジュンク堂書店、1.9億円の赤字計上(2020年度決算)


大手書店チェーンである「丸善」「ジュンク堂」などを運営している「株式会社丸善ジュンク堂書店」は、2020年度(経済用語では2021年1月期といいます)の決算を発表しました。

それによりますと、今期の売上高は671億9100万円、純損失(赤字)額は2億8900万円でした。

 

赤字額が大きく縮小

売上高 当期純利益 利益剰余金
2018年度 743億9000万円 ▲1億1200万円 ▲50億4600万円
2020年度 671億9100万円 ▲2億8900万円 ▲3億700万円

 

利益剰余金が大幅に復活し、マイナス3億円にまで減っています。総資産から40億円程度減っていますが、資産を取り崩したのでしょうか…?

書店を取り巻く環境は年々厳しくなり、2018年1月には突如天牛堺書店が破産、4月には私もお世話になった旭屋書店が独立系から脱してCCC傘下になるなどしています。

 

 

前年度記事

【決算】丸善ジュンク堂書店、2018年度は1億1200万円の赤字と大幅縮小