【決算】京阪京都交通、2018年度は7393万円の黒字を計上

京都市周辺などの地域をメインに運行し、京阪バスの傘下にある京阪京都交通株式会社は、2018年度(経済用語では2019年2月期といいます)決算を発表しました。

それによると今期の純利益(黒字)額は7393万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は6億2484万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 8673万円 5億7592万円
2018年度 7393万円 6億2484万円

前年度との比較。約1000万円の純利益マイナスとなりました。

 

一見、京阪バスと同じカラーリングを使っていますが別の企業です。

これは、もともと京都交通という亀岡・京都市をベースとしたバス会社が倒産したことから、その救済の意味で路線バス事業の譲渡を受けたことが背景にあります。

路線譲渡から15年が経過しますが未だに別法人として経営され、利益剰余金として6億を積み上げるなどまずまずのようです。

 

昨年の決算

【決算】京阪京都交通、2017年度は8673万円の黒字を計上