【決算】千葉ロッテマリーンズ、2018年度は3億8513万円の純利益(黒字)を計上


パシフィック・リーグの野球球団「株式会社千葉ロッテマリーンズ」が、2018年度の決算を発表しました。

それによりますと、今期の純利益(黒字)額は3億8513万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は4億1767万円でした。

千葉ロッテマリーンズは親会社にロッテを持つ球団で、昨年は残念ながら最下位に沈みました。

また、本拠地である千葉マリンスタジアムは、ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイ(現:ZOZO)がネーミングライツを取得している経緯があります。球団の人気がロッテとZOZOの株価に間接的ながら影響がありそうですね。