【決算】ヤクルトスワローズ、2020年度は1.4億円の純損失(赤字)を計上


セントラル・リーグの野球球団「株式会社ヤクルト球団」が、2020年度(経済用語では2020年12月期といいます)の決算を発表しました。

それによりますと、今期の純損失(赤字)額は1億4965万円利益剰余金(これまで貯めている預金や不動産などの資産)は2393万6000円でした。

 

年度比較

決算年度 純利益 利益剰余金 総資産
2019年12月期 1億65万円 1億7359万円 31億7706万円
2020年12月期 ▲1億4965万円 1億4965万円 44億5060万円

※万円以下は切り捨て
※▲はマイナスを表す

 

解説

言わずもがな、「ヤクルト」と名前がつくだけにヤクルトが主要親会社(80%の株式保有)ですが、フジサンケイグループも20%の株式を保有しています。

残念ながら、2年連続でセントラル・リーグ最下位に沈んでいます。