【決算】阪急車両を改造した阪神車両メンテナンス、2017年度は6911万円の純利益を計上


阪急車両を能勢電鉄用に改造したことで話題になった阪神車両メンテナンス株式会社が2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は6911万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は5億3892万円でした。

同社は武庫川車両工業からメンテナンス部門を引き継いだ会社で、上述の阪急車両の改造の他に、阪神8000系・9000系のリニューアルや、阪神5550系の艤装なども担当しています。