信楽高原鐵道、949万円の赤字を計上(2020年度)


滋賀県内を走る信楽高原鐵道株式会社が2020年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると今期の純損益(赤字)額は949万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は▲3億119万円となりました。

 

概要・比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 280万円 ▲2億9277万円
2018年度 72万円 ▲2億9205万円
2019年度 35万円 ▲2億9169万円
2020年度 ▲949万円 ▲3億119万円

過去4年との比較。長らく低空飛行でしたが、今期でガタッと落ち込みました。

一見黒字を維持しているように見えますが、2013年に線路・車両などの資産部分を甲賀市が保有する上下分離方式を取っており、信楽高原鐵道は運行のみを担当する第二種鉄道事業者となっています。

 

信楽高原鐵道は、滋賀県の信楽駅からJR草津線の貴生川駅間を結ぶ第三セクター鉄道です。

元々国鉄線でしたが、JR民営化時に切り離されて現在は甲賀市と滋賀県などが出資する第三セクターとして運行されています。

1991年に信楽高原鐵道列車衝突事故を起こしたことでも有名で、福知山線脱線事故が起きるまでは長らく凄惨な事故が起きた路線として記憶されてきました。

その後は安全運転を徹底し、気動車のSKR形車両を相次いで投入しています。

 

 

関連リンク

智頭急行、23年ぶりの赤字を計上(2020年度)