名古屋ガイドウェイバス、1.7億円の赤字を計上(2020年度)


名古屋市で日本で唯一のガイドウェイバス(ゆとりーとライン)を運行している名古屋ガイドウェイバス株式会社が2020年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると今期の純損益(赤字)額は1億7100万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は▲38億6800万円となりました。

 

概要・比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 1600万円 ▲36億9300万円
2018年度 1400万円 ▲36億7900万円
2019年度 ▲1800万円 ▲36億9700万円
2020年度 ▲1億7100万円 ▲38億6800万円

過去4年との比較。毎年1000万円あたりをうろうろしていましたが、今期でガタッと落ち込みました。

 

 

名古屋ガイドウェイバスは、名古屋市の北側である大曽根から小幡緑地間を専用の高架道路で、そこから先を一般バスとして走る鉄道扱いの乗り物です。名古屋市と、名鉄・JR東海バス等が出資しています。

小幡緑地から大曽根間は特に渋滞が激しく、さりとて鉄道を通す程でもない…という需要であったことからこのような措置が取られました。

ゆとりーとラインの車両は鉄道なので形式名があり、それぞれ「GB-1000型」「GB-1100型」「GB-2000型」「GB-2100型」と名付けられています。

 

関連リンク

名鉄バス、15億円の赤字を計上(2020年度)

智頭急行、23年ぶりの赤字を計上(2020年度)