京阪バス、12億円の赤字を計上(2020年度)


守口・寝屋川・枚方市や京都市などをメインエリアとする京阪バス株式会社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算公告を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は12億4413万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は77億6700万円でした。

 

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 4億6977万円 85億1400万円
2018年度 7億1268万円 89億8151万円
2019年度 7億0087万円 93億7642万円
2020年度 ▲12億4413万円 77億6700万円

直近4年間の比較。他バス会社にもれず、コロナウィルスの影響がモロに響いた格好です。

 

今年度のバス会社はどこも赤字決算となっていますが、同業他社の中ではちょうど真ん中ぐらいの赤字額です。

【参考】2020年度のバス会社決算

・阪急バス…▲27億円
・名鉄バス…▲15億円
・京阪バス…▲12億円
・阪神バス…▲8億円
・山陽バス…▲6億円
・京都バス(兄弟会社)…▲0.2億円

 

京阪バスの解説

京阪バスは赤い車体が特徴的で、路線バス事業の他にも観光バス事業・空港リムジンバス事業も手がけます。なんば・USJ・交野から京都へ運行する「直Q」は人気を博しているようです

多くのバス会社は観光バスと路線バスとでカラーリングが異なる場合が多いですが、京阪バスには一貫して赤色が使用されており、ブランディングが明確な印象です。

 

前年度

【決算】京阪バス、2019年度は7億円の純利益(黒字)を計上