【決算】山陽バス、2020年度は6.5億円の純損失で赤字転落


明石・神戸西地域をメインに運行し、山陽電鉄の傘下にある山陽バス株式会社は、2020年度(経済用語では2021年2月期といいます)決算を発表しました。

それによると今期の純損失(赤字)額は6億5836万円、利益剰余金(これまで貯めている預金や資産)はマイナス6億512万円となりました。

 

年度比較

決算年度 純利益 利益剰余金 総資産
2018年2月期 23万円 2億5166万円 21億5324万円
2019年2月期 ▲2億4300万円 834万円 17億9463万円
2020年2月期 2489万円 3324万円 20億8794万円
2021年2月期 ▲6億5836万円 ▲6億512万円 16億491万円

※万円以下は切り捨て
※▲はマイナスを表す

 

解説

山陽バスは山陽電鉄から高速バス・貸切バスなど大型バス事業のみを引き継ぎ、2004年に誕生したバス会社です。

今年度は新型コロナウィルスの影響をモロに受け、電鉄部門共々赤字転落となりました。

ただグループ全体としては不動産など他事業が順調だったこともあり、今期の鉄道事業者としては珍しく黒字決算となっています。

 

関連リンク

京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

【決算】山陽バス、2019年度は2489万円の純利益(黒字)を計上

【決算】山陽バス、2018年度は2億4300万円の純損失(赤字)を計上

【決算】山陽バス、2017年度は23万円の黒字とギリギリ