【決算】神戸高速鉄道、2018年度は1.6億円の純利益(黒字)を計上


元町・花隈~高速神戸~西代の東西線と、新開地~湊川までの南北線、および北神急行の施設部分を運営し、列車は他社に直通させている、神戸高速鉄道株式会社が2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は1億6300万円、利益剰余金(これまで貯めている預金)は3億5400万円でした。

 

前年度から黒字転換した神戸高速鉄道ですが、北神急行の隧道や設備を平成14年度から20年間にわたって保有しています。

また、2017年4月に「メトロこうべ」を運営する神戸高速興業株式会社を合併し、同施設の管理も行うようになりました

ちなみに、新開地駅にある「高速そば」は神戸高速興業が運営し始めたことから、このような名前がついています。先述の通り現在は吸収合併され、神戸高速鉄道の運営となっています。

 

 

神戸高速鉄道の解説

同社は神戸市が40%を出資する第三セクターとして運営されてきましたが、現在は阪急電鉄・阪神電鉄が25.86%づつ出資する、第三種鉄道事業者(鉄道施設を保有する会社)です。

 

【参考】鉄道事業者の分類

第一種鉄道事業者:
自らが所有する線路を使用して、鉄道による旅客または貨物の運送を行う事業者

第二種鉄道事業者:
自らが所有する線路以外の線路を使用し、鉄道による旅客または貨物の運送を行
う事業者

第三種鉄道事業者:
自らが所有する線路を、第二種鉄道事業者に専ら使用させる事業者

 

また鉄道車両は保有していないものの、泉北高速鉄道や北大阪急行と同じく準大手私鉄に分類されます。

 

前年度

【決算】神戸高速鉄道は累積損失解消。2017年度は2.4億円の純利益を計上

 

参考資料

「平成30年度 神戸高速鉄道株式会社 事業概要」
http://www.city.kobe.lg.jp/information/municipal/giann_etc/H30/img/gaitoku300731-4.pdf

「平成29年度 神戸高速鉄道株式会社 事業概要」
http://www.city.kobe.lg.jp/information/municipal/giann_etc/H29/img/gaitoku291120-5.pdf