泉北高速鉄道、24億円の黒字を計上(2020年度)


準大手私鉄に分類され、和泉中央からなかもずまでを結ぶ泉北高速鉄道株式会社が、2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は126億7900万円、純利益(黒字)額は24億5000万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は471億7400万円でした。

 

直近5年間の振り返り

泉北高速鉄道の直近5年の決算は次の通り。

当期純利益 利益剰余金
2016年度 27億4600万円 359億円
2017年度 30億300万円 389億400万円
2018年度 32億500万円 413億4400万円
2019年度 33億8000万円 447億2500万円
2020年度 24億8000万円 471億7400万円

※データは官報各号より

例年30億円近い利益を上げている企業ですが、今年はコロナウィルスの影響からかやや収益が落ち、24億円の黒字となりました。

泉北高速鉄道は鉄道事業だけでなくトラックターミナル事業も保有していることから、鉄道事業の落ち込みをカバー出来る側面もあるようです。

 

2020年度1位…?

ちなみに、上場・非上場の差があるので一概には言えませんが、2020年度における鉄道事業者収益ランキングで、今のところなんと泉北高速鉄道が暫定1位になるようです。

企業名 純利益額
1位 泉北高速鉄道(未上場) 24億8000万円
2位 山陽電気鉄道(上場) 4億2200万円
3位 神戸高速鉄道(未上場) 3億4000万円
4位 神戸電鉄(上場) 1億8700万円

 

神鉄と山陽、黒字額ランキング1・2位に

 

前年度リンク

【決算】泉北高速鉄道、2019年度は33億8000万円の純利益(黒字)を計上