【決算】岡山電気軌道、2017年度は7600万円の純利益(黒字)を計上


出典:「官報」号外第153号、2018年7月12日

両備ホールディングス傘下の岡山電気軌道株式会社が2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は7600万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は28億63万円でした。

 

岡山電気軌道は、MOMOなどが走る路面軌道事業の他にバス事業、そして子会社に和歌山電鉄貴志川線を保有しています。今年で開業108年となる、由緒正しき岡山の名門企業です。

セグメント別の売上は公開されていないのでわかりませんが、岡山市内の軌道事業を一手に引き受けているだけに、収益力も抜群のようです。