【決算】総合車両製作所、2018年度は36億8300万円の純利益(黒字)を計上


主に鉄道車両を製造する株式会社総合車両製作所が2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は626億8600万円、純利益(黒字)額は36億8300万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は84億3000万円でした。

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 18億7300万円 47億4600万円
2018年度 36億8300万円 84億3000万円

前年度との比較。当期純利益は前年度より2倍の約36億円となりました。

 

総合車両製作所はJR東日本が100%株式を保有する子会社です。東急車輛製造の業績悪化に伴い、東急グループから離脱した経緯があります。

関西とは縁が薄いように思われますが、歴史的経緯から南海電鉄が主に総合車両製作所のメイン顧客となっており、8000系や12000系などが製造されています。

また、歴史的経緯から和歌山県にも支店があります。

 

関連リンク

【決算】アルナ車両、2018年度は1億3136万円の純利益(黒字)を計上

【決算】総合車両製作所、2017年度は18億7300万円の純利益(黒字)を計上