【赤字】「ことでん」の高松琴平電気鉄道、2020年度は1億円の純損失を計上


香川県の高松市をメインに運行する「ことでん」こと高松琴平電気鉄道株式会社が2020年度(経済用語では2021年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の営業収益(売上高)は28億円、純損失(赤字)額は1億400万円利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は7億2900万円となりました。

前年は黒字復調でしたが、今期は再び2年ぶりの赤字転落となっています。

 

 

前年度との比較

売上高 当期純利益 利益剰余金
2016年度 34億7600万円 1億4400万円 不明
2017年度 36億円 1億2500万円 6億9500万円
2018年度 35億600万円 ▲1億6300万円 5億3100万円
2019年度 38億8700万円 2億7600万円 8億700万円
2020年度 28億810万円 ▲1億400万円 7億2900万円

 

長年30億円台の売上高でしたが、昨年度はガクッと落ち込み28億円で着地しました。

高松琴平電気鉄道は関連会社である「コトデンそごう」の経営危機を受けて、2001年に民事再生法を申請、新たに「ことでん」として加ト吉の支援を受けて経営再建を成し遂げた過去があります。

現在でも株主に加ト吉元社長である加藤義和氏などが名を連ねています。

 

 

前年度の記事

【決算】「ことでん」の高松琴平電気鉄道は黒字復帰、2019年度は2.76億円の純利益を計上

【決算】「ことでん」の高松琴平電気鉄道は赤字転落、2018年度は1.63億円の純損失を計上