【決算】北大阪急行、2018年度は3億154万円の純利益(黒字)を計上


準大手私鉄に分類され、千里中央から江坂までを結ぶ北大阪急行電鉄株式会社が、2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると、今期の純利益(黒字)額は3億154万円、利益剰余金(これまで貯めているお金のこと)は74億6156万円でした。

 

直近の振り返り

北大阪急行電鉄における直近4年間の決算は次の通り。

当期純利益 利益剰余金
2015年度 4億600万円 70億600万円
2016年度 2億9100万円 71億4800万円
2017年度 3億1118万円 73億1002万円
2018年度 3億154万円 74億6156万円

 

ここ数年は平均して毎年3億円前後の利益を上げています

この数字には鉄道事業の他、AZALL桃山台などの不動産事業も寄与しています。

 

 

新線開業は2023年度へ延期

北大阪急行は、2023年度に約50年ぶりとなる新規路線開業を控えており、現在工事が進められています。

当初は2020年度開業予定だったものの、箕面船場周辺で1970年頃に埋められた埋蔵物が見つかり工事スケジュールに支障が出たことから、3年延期されました。

またOsaka-Subway.comでは工事の進捗状況もお伝えしていますので、あわせて御覧下さい。

 

昨年度の記事

【決算】北大阪急行、2017年度は3億1118万円の純利益(黒字)を計上