西濃鉄道、1356万円の黒字計上(2021年度決算)


岐阜県を地盤とし、近年その杜撰な管理体制から「令和の朝倉軌道」と話題になった西濃鉄道が、2021年度の決算を自社Webサイト上で発表しています。

それによると、今期の営業収益(売上高)は2億4027万円、純利益(黒字)額は1356万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は4億8266万円でした。

 

前年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2020年度 472万円 4億7210万円
2021年度 1356万円 4億8266円

前年度との比較。堅調な数字を出しています。

また内訳は公開されていないものの、営業外収益も994万円を計上しています。

 

解説

西濃鉄道は、岐阜県西濃地域にて石灰石を輸送する貨物専業の鉄道会社。名前が似ている西濃運輸とは関係がありません。

JR東海の美濃赤坂駅にて接続しています。

冒頭でも書きましたが、2021年に中部運輸局からずさんな管理体制を指摘され、「令和の朝倉軌道」という不名誉な名称を得たことで、鉄道ファン界隈でも一躍話題となりました。

しっかりと稼いでいる姿も往年の朝倉軌道と同じですね。

 

関連リンク

西濃鉄道、あまりのガバガバぶりに「令和版朝倉軌道」が爆誕したと話題に

 

参考文献

西濃鉄道「2021年度 賃借対照表