【決算】阪急バス、2018年度は5億円の黒字を計上


北摂地域をメインに運行し、阪急阪神ホールディングスの傘下にある阪急バス株式会社は、2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は226億7100万円、純利益(黒字)額は5億400万円でした。

 

売上高 当期純利益
2017年度 226億7500万円 7億8900万円
2018年度 226億7100万円 5億400万円

前年度とそれほど売上高は変わりませんが、純利益が減少しています。

阪急バスにお詳しい方の話によると、新型のバスを導入する設備投資費が嵩んだ…とのことで、2018年はその流れが加速してきたとのことです。

 

関連リンク

【決算】阪急バス、2017年度は7.8億円の黒字を確保