【決算】阪急バス、2017年度は7.8億円の黒字を確保


北摂地域をメインに運行し、阪急阪神ホールディングスの傘下にある阪急バス株式会社は、2017年度(経済用語では2018年3月期といいます)決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は226億7500万円、純利益(黒字)額は7億8900万円を計上しました。

 

昨今の路線バスにおける運輸成績が厳しくなる中、この数字はなかなかのものですね。

阪急バスは京都市交通局の委託を受けたり、深夜バスや路線バスを減便したりとかなりメスを入れているようです。

 

関連リンク

【決算】阪神バス、2017年度は6.3億円の純利益を確保

【決算】山陽バス、2017年度は23万円の黒字とギリギリ